平成30年度映画字幕ワークショップ
~字幕翻訳現場を体験できる2Days入門ワークショップ~

2005年より開催している映画の字幕制作について学べる入門者向けワークショップを今年も開催いたします。今回もワークショップでは、翻訳者やディレクターを招いての実務や制作事例の紹介から、プロが使用している字幕制作ソフトウェアを実際に使っていただくなど、字幕翻訳の基礎から制作の実務まで幅広く学べる内容になります。

さらに、本気で字幕翻訳者としてのキャリアを考えている方には「トライアルコース」を今年もご用意しています。1次審査(書類)、2次審査(映像課題)に見事合格された方には、映画字幕ワークショップの講師・ホワイトラインの監修のもと、長編映画1本の字幕翻訳を行っていただきます。地方に暮らしながら、語学力を活かして映画の仕事をするキャリアづくりを応援します。
※トライアルコース詳細はこちらにてご確認ください

開催概要

日  時
2018年11月3日(祝・土)14:00~18:30(受付13:30 開始)
2018年11月11日(日)12:00~17:00(受付11:30 開始)
※2日間の参加が前提となります。
会  場
京都文化博物館 別館2F会議室(京都市中京区三条高倉)
参加費
無料
定  員
30名(先着順)
対  象
語学を活かした仕事に就きたい方、制作した映画を海外で上映したい方、映画業界への就職や仕事に興味のある方など
翻訳言語
英語→日本語
※今回は英語(言語及び台本)から日本語への翻訳を基本とします
※ワークショップは日本語で行います
締  切
10月4日(木)18:00〜10月31日(月)17:00
主  催
京都クロスメディア推進戦略拠点(KCROP)、京都府、公益財団法人京都産業21、京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト推進協議会
協  力
京都ヒストリカ国際映画祭実行委員会

プログラム詳細

【講義内容】
1日目(11/3) 「字幕翻訳・制作の基礎講座、プロの翻訳者によるトーク」

  • 字幕制作環境の変化、業界の現状について
  • 字幕制作のルールや翻訳の基礎について
  • 女性翻訳者によるトーク
    仕事の面白み・大変さ、実際の働き方・キャリアの築き方など、翻訳者を目指す上で知りたい・聞きたいことについてお話しいただきます

2日目(11/11) 「字幕翻訳・制作についてのケーススタディ」
  • 字幕ソフトウェアを用いた制作体験
  • 字幕の現場紹介
  • 求められる翻訳者像/ 字幕の勉強法

※1日目の終了後には、懇親会を予定しております(自由参加・キャッシュオン制)

早期申込特典

10月25日(木)までにお申し込みいただいた方には、第10回京都ヒストリカ国際映画祭(10月27日〜11月4日)のヒストリカ・ワールド部門から1作品ご招待します。対象作品は、昨年度の映画字幕ワークショップトライアルコース通過者による字幕がつけられた作品になります。ぜひこの機会にご鑑賞ください。

※早期申込特典は申込者様のみの特典となります。
 写真付き身分証明書のご提示とともに映画祭窓口で招待券をお渡しいたします。
 申込後の作品変更は受けかねますのでご注意ください。

《対象作品》
・10月27日(土)13:00~『旅芸人』
・10月28日(日)11:00~『欲望にさそわれて』※終演後監督トークあり
・10月31日(水)18:30~『ノベンバー』
・11月 4日(日)13:30~『欲望にさそわれて』
・11月 4日(日)16:00~『旅芸人』
・11月 4日(日)18:30~『ノベンバー』

各作品の詳細は京都ヒストリカ国際映画祭HPにてご確認ください。

講師

設楽 光明 氏
ホワイトライン ディレクター

1998 年、スタンス・カンパニーから独立し字幕制作を中心としたホワイトラインを設立。釡山映画祭、山形ドキュメンタリー国際映画祭など、国内外を問わず、多くの映画祭で字幕制作を手掛ける。映画祭以外ではテレビ放映やロードショーなど、幅広い分野での字幕制作や映像編集を行い、近年ではDCP(デジタルシネマパッケージ)の制作にも取り組んでいる。

岩橋 悟志 氏
ホワイトライン 字幕ディレクター

上智大学外国語学部英語学科卒業。在学中からCS放送向け字幕翻訳を手掛ける。フリーの翻訳者として映画(主にビデオスルー作品)、ドラマ、ドキュメンタリーなどの字幕翻訳、雑誌の翻訳などを行う。のちにホワイトラインに入社、字幕ディレクターとして数多くの映画、ドラマなどの字幕制作に携わっている。

藤原 由希 氏
翻訳者

神奈川大学外国語学部中国語学科卒業。映画・ドラマの字幕・吹替、書籍などの翻訳を手がける。主な翻訳作品に映画『こころに剣士を(字幕)』(2016)、ドラマ『射鵰英雄伝 レジェンド・オブ・ヒーロー(字幕)』(2017)、書籍『かわいいねこの絵巻物』(2018)、など。

古俣 智子 氏
株式会社フェイス 映像事業部

株式会社カンバスに入社し、700 名以上の翻訳者に字幕制作ソフトSST を販売。セミナーの運営・実施や翻訳学校でセミナーの講師を務める。現在、株式会社フェイスにて字幕制作ソフトBabelの販売・サポートを担当。 ※28日のみ参加

申込み受付はこちら